ワキガチェック

これが一番効きます!

ワキガチェック方法

ワキガは自分では気づかないといわれています。

 

自分自身のにおいって、慣れてしまうので臭くても気づかないものなんです。

 

特にワキガは生まれつきのことが多く、そのせいで自覚症状なしにワキガになっている方も多いのではないでしょうか。

 

自覚症状がなければ、デオドラント商品で対処することもありませんし、いつまでも悪臭をまき散らしてしまうことになります。

 

人から指摘されたり、なんとなく違和感を感じたり…、もしかしたらワキガかも?!と不安に思うこともあるでしょう。

 

実は、いくつかのチェック方法で自分がワキガかどうか自己診断をすることが出来ます。

 

ワキガ チェック

 

もし以下の4つの項目に当てはまったら、医師に相談してみると良いかもしれませんね。

 

 

ワキガかどうかはこれらでわかる!

 

黄色い汗シミ

 

ワキガの一番わかりやすいポイントが、汗シミです。

 

普通の人は、汗シミといってもだいたいは透明です。

 

しかし、ワキガの人はアポクリン汗腺が多く、汗が黄色く濁っています。

 

そのため脇部分の汗じみも、黄ばんでいる可能性が高いのです。

 

一着程度なら、皮膚が汚れていたり老廃物がたまっている可能性もあるでしょう。

 

しかし衣類の多くに黄色い汗シミが見えた場合は注意が必要です。

 

耳垢が湿っている

 

耳垢の状態も、とても有名ですよね。

 

アポクリン汗腺は、耳の中にも多いといわれています。

 

そのため、ワキガの人は耳の中も湿りやすく耳垢もねっとりとしていることが多いでしょう。

 

自分で耳かきをしていて耳垢が湿っていると感じたら、ワキガかもしれません。

 

実は、耳垢が湿っている人の8割程がワキガ体質であり、ワキガの人はほとんどが耳垢が湿っているそうです。

 

体毛が濃い

 

ワキガの人は、毛一本一本が濃く、太いといわれています。

 

このせいで、毛穴から汗が吹き出しやすく、アポクリン汗腺も多いのでしょう。

 

体毛が濃いからといってすべての人がワキガというわけではありません。

 

しかし、耳垢が湿っていて汗じみが黄ばんでいて、かつ体毛が濃いという人はワキガの可能性がとても高いのではないでしょうか。

 

親族がワキガ

 

ワキガは遺伝するといわれています。

 

両親の片方がワキガの場合は5割以上が、両親双方の場合は7割以上がワキガが遺伝するそうです。

 

両親だけではなく、親族がワキガの場合は注意をしましょう。

 

もし気になるようであれば、両親に一度聞いてみてはいかがでしょうか?

 

他人のにおいならわかる場合もありますが、家族として暮らしてくるとそれが普通になってしまい、ワキガ特有のにおいに気づかないこともあります。

 

一度聞いてみると良いかもしれませんね。

女性用わきが消臭デオドラント人気No1 ノアンデ