汗を抑える

これが一番効きます!

脇臭予防のために汗を抑えよう

脇臭の一番の原因といえば、汗ですよね。

 

普段は脇臭は気にならないという人でも、夏場や汗をたくさんかいたときは気になってしまうでしょう。

 

汗自体はほとんど無臭だといわれていますが、汗と一緒に流れ出る分泌物や肌に付着した皮脂などが流れ落ちることで悪臭の原因となってしまいます。

 

汗自体を抑えることで、脇のにおいも軽減することが出来るでしょう。

 

では、どうやって脇汗を抑えることが出来るのでしょうか?

 

事前にできる汗の抑え方

 

夏場や今日は汗をたくさんかきそうだなというときは事前に準備をしておきましょう。

 

おすすめしたいのが、汗脇パッド。

 

最近はさまざまなタイプが売られていて、脇に直接張るタイプ、白い衣類でも目立たないタイプ、ノースリーブでもつけれるタイプなど洋服によって選ぶことが出来ますよね。

 

パッドを使うことで汗が吸収され衣類の黄ばみを抑えることが出来ますし、匂いも軽減することが出来るでしょう。

 

汗をかいたときにできる対策

 

何も対策していないのに汗をたくさんかいてしまった!

 

そんな時は、乳首の上からわきの下部分を手で圧迫することをおすすめします。

 

この部分を押すことで交感神経が刺激され汗を止めることが出来るといわれているのです。

 

あくまで突発的な方法ではありますが、一度試してみてください。

 

基本的な方法ではありますが、体を冷やすのも大切です。

 

冷房の効いた部屋に行く、冷たい飲み物を飲むなどをすると汗も少しずつ止まるでしょう。

 

また、首の後ろ部分やわきの下を抑えると特に汗が止まりやすいといわれています。

 

日常生活でできる汗の抑え方

 

日常生活でちょっと気を付けるだけで、汗をかきにくい体質にすることも可能です。

 

たとえば、普段から汗をかくことはとても大切です。

 

運動をしたり、夏場自宅でのエアコン使用を抑えることで汗をかきやすい状態になり、汗がたくさん流れるのを防ぐことが出来ます。

 

普段から汗をかいていない人は、急な体温の変化や緊張などでどんどん汗をかいてしまうのです。

 

逆に汗をかきなれている人は、暑くても一定量の汗しかかきません。

 

食生活を改善することも大切です。

 

辛い物など、汗をかきやすい食品は避けましょう。

 

大豆製品に含まれているイソフラボンは発汗を抑える作用があるのでおすすめです。

 

お豆腐、納豆、豆乳など、日々の食生活から摂取しやすい食材なので、意識して食べてみてはいかがでしょうか?

 

一番おすすめなのがでデオドラント!

 

発汗を抑える一番おすすめの方法といえば、やはりデオドラントです。

 

デオドラントスプレー、クリーム、せっけんなどさまざまな種類の商品が販売されていますよね。

 

これらを使用することで、前日から汗の対策をすることが出来ますし、スプレーやクリームであれば急な汗にも対応することが出来るでしょう。

 

そのため、いくつか効果的なデオドラント商品を持っていると安心です。

 

デオドラント商品は汗の量を抑えるのはもちろん、匂いも予防し抗菌作用までももたらしてくれます。

 

汗の量で悩んでいる人はもちろん、普段は汗が気にならない人も、マナーの一環としてデオドラント商品を使ってみてはいかがでしょうか。

女性用わきが消臭デオドラント人気No1 ノアンデ