これが一番効きます!

脇が臭い! 酸っぱい臭いの理由

脇から酸っぱいにおいがしてしまい、悩んでいるという人は少なくないでしょう。

 

脇

 

特に、汗を多くかくと酸っぱいにおいが強くなってしまっているのではないでしょうか?
脇が臭くなってしまう原因を知って、対策方法を考えていきましょう。

 

 

汗のにおいがきつくなってしまう理由として考えられるのが、運動不足や偏った食生活です。
運動不足の人は、日頃から汗を流すことが少ないでしょう。

 

そのため、体の中に溜まっている老廃物が、久しぶりに出た汗に混じってしまってにおいがきつくなるのです。

 

油っこいものばかりを食べている人も、汗のにおいがきつくなってしまうことがあります。
酸っぱいにおいがする臭い汗は、ベタベタとしていることが多いです。

 

運動をあまりせずに、好きなものばかりを食べる偏った食生活を送っていると、体の新陳代謝が低下してベタベタとした汗をかくことが多くなります。

 

新陳代謝の良い人がかくサラサラとした汗はにおいが少ないので、ベタベタの汗ではなくサラサラの汗をかくことができるように、新陳代謝を上げていきましょう。

 

 

また、脇の下で発達した「アポクリン腺」がにおいの原因であることもあります。

 

アポクリン腺から出る汗には、水分以外にも脂質やアンモニアが含まれています。

 

このような汗が出ることで、脇から酸っぱいにおいがしてしまうのです。

 

さらに、脇の下は外気に触れることが少なくジメジメとしているため、アポクリン腺から分泌された脂質などを餌として雑菌が繁殖しやすいです。

 

雑菌が脂質やたんぱく質を分解するときに出てしまうにおいも、脇を臭くしてしまう原因となるのです。

 

 

このように、脇から酸っぱいにおいがしてしまう原因はいくつかあります。

 

他にも病気であったり、精神的なものからくる発汗であったりしますので、自分が多く汗をかく原因・汗がにおう原因を探して対処方法を見つけていきましょう。

 

 

冬など涼しい、寒い季節でも臭う・・

 

厚着

 

脇の臭いにおいは、夏だけに限ったものではありません。
冬の涼しいはずに季節でも、脇が臭くなってしまうことはあります。

 

たくさんの汗をかいてはいないはずなのに、どうして脇が臭くなってしまうのでしょうか。

 

 

脇が臭くなってしまう理由は、たくさんの汗をかくことだけではありません。
脇の下には、「アポクリン腺」と「エクリン腺」というふたつの汗腺が存在しています。

 

エクリン腺から出る汗はサラサラとしていてあまり臭くないので、たくさん汗をかいても不快に感じることは少ないでしょう。

 

しかし、アポクリン腺はエクリン腺とは違い、ベタベタとしていて嫌なにおいがします。

 

例えたくさん汗をかいてはいなかったとしても、アポクリン腺から汗が分泌されてしまっていると、脇が臭くなってしまうのです。

 

アポクリン腺から分泌される汗には、たんぱく質・脂質・アンモニアなどの成分が含まれています。
脇の下に潜んでいた雑菌がたんぱく質や脂質を分解することで、さらに嫌なにおいがしてしまうのです。そのため、冬などの涼しい時期であったとしても、脇の下の雑菌が成分分解を行っていると脇が臭くなってしまいます。

 

脇のにおいを抑えるためには、汗をかかないようにするだけでは対策が不十分なのです。

 

 

対策

 

脇の嫌なにおいを解消するためには、汗が出ることを抑えるだけでは対策が不十分です。

 

脇の下に潜む雑菌の増殖も防がなければ、嫌なにおいを完璧に消すことは
できません。

 

ワキガ専用のデオドラント剤である「ノアンデ」は、制汗対策だけでなく、雑菌の増殖を抑える効果もあります。

 

脇の下は外気に触れることが少ないため、ジメジメとしていて雑菌が増殖してしまいやすいです。

 

 

特に、アポクリン腺から分泌される汗には、脂質やたんぱく質など雑菌の餌となってしまう成分が含まれています。
これらの成分を雑菌が分解するときにも、酸っぱいにおいが出てしまうのです。

 

ノアンデなら、天然由来の有効成分がたっぷりと配合されており、優しくワキガ対策をすることができます。

 

敏感肌の人でも安心の無添加なので、肌荒れを気にすることなく使用することができますね。

 

 

自分がわきがか知りたい人はこちらワキガチェック

女性用わきが消臭デオドラント人気No1 ノアンデ