家族の脇が臭い!本人にどう教える?

これが一番効きます!

家族の脇が臭い!本人にどう教える?

家族は楽しく過ごすために大切な存在ですが、その家族の誰かの脇が臭ったら楽しく過ごせないかもしれません。

 

しかも、本人が脇の臭いに気づいていなかったら周りにいる家族は教えるべきか悩んでしまうでしょう。

 

教えるべきか教えないべきかで悩んでしまうのは当然のことです。

 

もしかしたら教えることによって傷つけてしまうかもしれませんし、家族関係がギクシャクする可能性もあります。

 

しかし、本人のためにも脇の臭いは教えるべきです。

 

家族以外の人も脇の臭いに気づいて困っているかもしれませんし、本人が嫌われてしまうかもしれませんので、本人に教えたほうが良いでしょう。

 

そこで問題となってくるのがどう教えるかです。

 

デリケートなことなので上手く教えてあげないと傷つけてしまい、最悪の場合は落ち込んで引きこもりになってしまうことも考えられます。

 

良い教え方として言えるのは、しっかり前置きしてから脇が臭うと教えてあげることです。

 

ただ単に脇が臭い!というだけでは傷つけてしまう可能性が高まりますので、例えば「あなたの為になるから教えるけど」と前置きしてあげましょう。

 

そして、素直に受け止めてくれたら一緒に脇の臭いが無くなるように協力してあげます。

 

また、ワキガを軽く見ていると良いことは絶対にありませんので、周りにいる家族も真剣にワキガのことを考えてあげなければいけません。

 

本人のためにケア商品などを探してあげたり、食生活や生活習慣などで改善することも可能ですので、一緒に考えてあげるという対策にも心がけておきましょう。

 

 

男女の違い 子供を傷付けない対話の仕方

 

脇の臭に男女の違いがあるのをご存知でしょうか?

 

ワキガの臭いは男性でも女性でも臭いのですが、男性の場合はチーズ系の鼻をつく強烈な臭いで、女性の場合はタマネギ系の強烈な臭いが発生します。

 

また、男性はチーズ系の酸っぱい臭いの他にミルクやカレースパイスなどの臭いを発生させることがあり、女性はカビや蒸し肉のような臭いを発生させることがあると言われています。

 

それに、女性よりも男性の方が臭いが強いとされていますし、男性は年齢を重ねることによって臭いが弱くなっていきますが、女性は加齢による臭いの低下はないということです。

 

それと、ワキガになりやすいのは女性とされており、これは女性の方がアポクリン腺の量や皮下脂肪が多いことや女性ホルモンが汗腺に作用しやすいからです。

 

男性よりも女性の方が臭いに敏感になりやすいので、自分の脇の臭いに気づきやすくて悩みやすいという傾向があります。

 

 

こうした男女の違いの他に、ワキガで悩んでいる子供もいます。

 

大人でも脇の臭いに気づきにくいので子供なら尚更、気づきにくいものです。

 

そんな時の子供を傷付けない対話の仕方には工夫が必要となります。

 

子供を傷付けない対話の仕方は「友達になんか言われたことがない?」と聞いたり「お風呂に入ったときにしっかり洗ってる?」など、まずは遠回しに問いかけるようにすると良いでしょう。

 

その後も優しく臭いについて教えてあげると良いのですが、真面目に対話してくれなくても最後まで優しく話しかけてあげましょう。

 

 

両親や祖父母がわきが!どう対応すればいい?

 

両親や祖父母がワキガになったら、どう対応すれば良いのか難しいものです。

 

しかし、知らないふりをしていても本人のためになりませんし、周りにいる人も気分が悪くなるだけなのでしっかり伝えるように対応するべきです。

 

自分の親や祖父母なら子供に教えるよりも対応しやすいので、ここでもしっかり前置きしてから教えてあげると良いでしょう。

 

ワキガのことを教えてすぐにケア商品のことも教えてあげるという対応が良いです。

 

一緒にワキガを改善しようとする姿を見てもらうことで分かってもらえるはずです。

 

あくまで馬鹿にするような対応は絶対にやめましょう。

 

自分が逆の立場になったときのことを考えて対応するのも大切です。

女性用わきが消臭デオドラント人気No1 ノアンデ