暑い夏は脇汗が・・臭い対策はどうする?

これが一番効きます!

汗をかきやすい夏の脇汗対策

夏といえば汗をかきやすくなってしまう季節。

 

特に脇汗が気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

だからこそ夏は汗の対策をして、安心して過ごしたいものです。

 

では脇汗対策にはどのようのものがあるのでしょうか。

 

まず汗をかくのは体の体温が上がるからでもあります。

 

体温の極端な上昇を防ぐことで汗を抑えることができるため、できるだけ体を冷やすようにすると良いでしょう。
脇の下や首の後ろなどを冷やすと体温が下がるので、たくさん汗をかきそうな時は冷やすようにしましょう。

 

また脇の汗を抑えるためには他に制汗剤などを使用すると良いですね。

 

市販のものでも良いですしミョウバン水などを使用するのもオススメです。

 

ハッカ油などでも体温を下げることができるので脇に少し塗ってみても良いでしょう。

 

またツボなどでも抑えることができます。

 

乳首より3センチほど上の部分を抑えると汗を止めてくれる効果が期待できます。

 

即効性もあり上半身の汗を抑えることができます。

 

ただこれらの方法は個人差もあるので、必ず抑えられるというわけではありません。

 

また汗をかくということは体にとって自然なことであり大切なことでもあります。

 

体を冷やしすぎたりするのも良くはないので、ほどほどに対処法として取り入れるようにしましょう。

 

 

 

持続性がポイント

 

汗を抑える方法として一時的なものでは意味がありません。

 

脇汗を抑えるためには持続性も必要となります。

 

そのため制汗剤等も効力が薄れるので、こまめに使用することが必要です。

 

汗をかいてしまうと制汗剤も流れ落ちてしまうので、再度塗る必要があるのです。

 

時間が経過するだけでも効力が失われる場合もあるので、一定の時間ごとに塗り直すようにしましょう。

 

またミョウバン水などを使用した場合も同じです。

 

ハッカ油など肌に塗って使用するものには、効力の時間にも制限があると考えておきましょう。

 

ただ塗ってから持続させるには注意も必要となります。

 

塗ってからすぐにでも汗をかいてしまうと流れ落ちるので、できるだけ汗を抑えられるようにツボ押しなどで工夫しましょう。

 

できるだけ汗をかきすぎないように首の後ろをこまめに冷やしてあげることも持続につながります。

 

こまめに塗り直すことも大切ですが、持続させるための発汗を抑えることも大切です。

 

脇汗も出てしまえばすぐにまた出てくるということもありません。

 

汗で少し冷やされたことにより、極端にまた暑いところに行かなければ少しの間おさまります。

 

汗がおさまったタイミングで、ツボ押しをして発汗予防をしたり制汗剤を塗り直したりして持続を助けます。

 

脇汗対策には持続性が重要なポイントとなることを忘れずに対策しましょう。

 

 

 

一日何回塗りなおす?そのタイミングとばれない方法

 

トイレ

 

脇汗を抑えるためには制汗剤の持続がポイントとなります。

 

また持続させるためにはこまめに塗りなおすことが重要となるのです。

 

ただ塗り直すにもどのくらい塗りなおせば良いのか、バレてしまわない方法などはあるのかなどの問題もあります。

 

そこでバレないような塗りなおしができるように、タイミングを合わせていきましょう。

 

まず塗りなおす回数ですが、この回数には個人差があります。

 

塗りなおすということは汗により制汗剤が流れてしまった時や時間が経過しすぎて効力がなくなってきた時なのです。

 

そのため汗をかきたタイミングで塗り直す必要があるため、その都度塗り直す必要があるでしょう。

 

ですが室内にいることが多い方などは通学・出勤後に1回、昼頃に1回、夕方に1回で良いでしょう。

 

だいたい短くても2・3時間おきが望ましいかもしれません

 

ただ汗をかいたらすぐに塗り直すようにしましょう。

 

またバレないようにするために、トイレなどに行って塗りましょう。

 

定期的にトイレは必ず使用します。

 

そのタイミングで塗りなおせば特に男女問わず怪しく思われません。

 

また制汗剤も小さなもので直接濡れるタイプにすれば、スプレーのように音が出ないので安心です。

 

汗をかいた後や一定時間ごとを意識してトイレでしっかり塗り直しましょう。

女性用わきが消臭デオドラント人気No1 ノアンデ